相続・遺言・離婚問題のお悩みなら

行政書士 あゆみ事務所

082-569-4553

070-7462-34733

受付

平日 10:00~21:00
土日 10:00~17:00

行政書士 あゆみ事務所

【遺言Q&A】10.遺言書作成の手続きってどのようにするの?

こんにちは!
相続・遺言・離婚について土・日も相談できる
広島の行政書士あゆみ事務所 松本 亜由美です。

 

さて、このブログでは、
みなさんが疑問に思うこと、今さら聞けない疑問をQ&A形式で答えていきます。

 

今月のテーマは【遺言】です。

 

10.遺言書作成の手続きってどのようにするの?

 

通常、遺言を残す場合、

自筆証書遺言または公正証書遺言のいずれかを選択します。

 

↓ 違いはこちら ↓

自筆証書遺言 公正証書遺言
特徴 自分で書いて作成する。 公証人と証人2名の立ち合いの元、公証役場で作成される。
作成の方法 遺言者が、自分で「全文」「日付」「氏名」を自書し、「押印」する。 証人2名の立ち合いの元、公証人が読み上げる内容を遺言者が確認して、内容に間違いがなければ、遺言者、公証人、承認がそれぞれ「署名」「押印」する。
費用 不要 財産の額や内容に応じて公証役場に手数料を支払う。
証人 不要 2名

 

自筆証書遺言は、

自分で書いて作成するため、費用が掛からず手軽にできるが、

紛失、偽造、隠蔽、破棄の危険があります。

公正証書遺言は、

作成に手間がかかり、手数料がかかりますが、

遺言の内容は確実に実現される可能性が高いです。

 

遺言書作成について、お悩みでしたら、

ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

 

自分で遺言書を書いてみたものの

「無効にならないか、不安」「文面がうまくまとめられない」

という方は、遺言書の添削指導いたします。

行政書士あゆみ事務所にお任せください。

—————————————————————————–
行政書士あゆみ事務所 では
相続・遺言・離婚問題などのお悩みに寄り添います。
女性行政書士が、土・日、夜間も対応いたします。
お気軽にご相談ください。

電話:082-569-4553
携帯:070-7462-3473
メール:info@ayumijimusyo.com
—————————————————————————–

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Copyright © 行政書士 あゆみ事務所 All Rights Reserved.


TOP