相続・遺言・離婚問題のお悩みなら

行政書士 あゆみ事務所

082-569-4553

070-7462-34733

受付

平日 10:00~21:00
土日 10:00~17:00

行政書士 あゆみ事務所

【遺言Q&A】1. 遺言がなかったら、どうなる?

こんにちは!

相続・遺言・離婚について土・日も相談できる

広島の行政書士あゆみ事務所 松本 亜由美です。

 

さて、このブログでは、

みなさんが疑問に思うこと、今さら聞けない疑問をQ&A形式で答えていきます。

 

今月のテーマは【遺言】です。

 

1.       遺言がなかったら、どうなる?

 

遺言とは、【自分の死後に遺産の処分方法などについて言い残しておくこと】です。

遺言がある場合、遺言によって財産を分割します。

遺言がない場合、民法(900条)が相続人の相続分を定めています。

しかし、民法は相続分の割合を定めているだけなので、

不動産や債権を【誰に】【どうのように相続させる】かについては、

相続人全員で話し合って決めることになります。

この話し合いがまとまらないと、家族間・親族間で争いが起こることがあります。

遺言で具体的に決めておけば、この争いを防ぐことができることになります。

 

※債権(さいけん)・・・負債(借金等)を返してもらう権利

 

 

自分で遺言書を書いてみたものの

「無効にならないか、不安」「文面がうまくまとめられない」

という方は、遺言書の添削指導いたします。

行政書士あゆみ事務所にお任せください。

——————————————————————–

行政書士あゆみ事務所 では

相続・遺言・離婚問題などのお悩みに寄り添います。

女性行政書士が、土・日、夜間も対応いたします。

お気軽にご相談ください。

 

電話:082-569-4553

携帯:070-7462-3473

メール:info@ayumijimusyo.com

——————————————————————–

カテゴリー

最近の投稿

アーカイブ

Copyright © 行政書士 あゆみ事務所 All Rights Reserved.


TOP